FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛人 [AI-REN]

※ネタバレあり

BOOKOFFで立ち読みしてたときにたまたま手にとって、なんかやばそうな表紙だなーと恐る恐る読み始めたら泣きそうになるくらい感動した漫画です。

airen001.jpg

まずこの表紙に99%の人が嫌悪するだろうけど、ちょっとまってほしい。
20ページも読めばこの作品の持つもの悲しさというか「儚い終わり」みたいな予感がびんびんに伝わってきて、これは何かあるなと思わせられるはずです。

ちなみに俺はこのシーンでやられました。

airen002.jpg

舞台はかなり未来の日本。
ある病の末期患者であるイクルと彼の精神的救済のために解凍されたバイオロイドのアイ。
二人は崩壊していく世界で残り少ない日々を共に過ごしていきます。
この時点でセカイ系が好きな人にはたまりませんね。

物語は基本的に、イクルとアイが恥ずかしいくらいにイチャイチャする話がメインなのですが、所々でテロや紛争といった不穏な世界情勢の話が挟まってきて、なんというか全く落ち着けません。
それに3巻あたりから早くもアイの死を伺わせる描写が多くなってきて余計に気持ちが沈みます。

AI-REN4_031.jpg

4巻ではバイオテロをきっかけに世界大戦が勃発。
人類が生き残りをかけて殺し合いをはじめるという異常事態に発展し、イクルが育ったナギ研究所にもその影が迫ります。
とにかくトラブルに巻き込まれないでくれよという思いが切実になりますが、結局死んでしまうであろう二人になんともいえない儚さを感じました。
それにしてもこの絵、モチーフは広島原爆の影でしょうか・・・。非常に恐いです。

そして、5巻。
ついにアイが死にます。

死の描写は強烈でした。
施設の子供たちと海に出かけて、みんなで写真を撮って、夕食をふたりで食べて、日記を書いて、おやすみのキスをして、手をつないで眠る。
そんな一日が描かれて、いつも通りの夜が明けて、窓からさわやかな潮風とまばゆい光が差す朝に、アイは静かに息を引き取っていました。
その安らかな死の描写とイクルの台詞。
これが強烈で、胸にぽっかりと穴が空いて、ただ茫然としました。

以下、イクルの台詞の引用です。
とても静かな夜だった
寝自宅を済ませて部屋に入ると あいがいつもの絵日記を描いていた
なぜか正座していた
なんとなく声をかけづらい感じで ボクはやり過ごしていた薬と点滴をはじめながら 見るともなしにみていた
部屋中に色鉛筆をはしらせる音だけがしてた・・・
この時のあいの姿が心に焼き付いている
あいの後姿は・・・ とても満ちたりていて 幸せそうだった
あいは最後に絵日記を箱に収めてふたをした・・・
そのふたを2、3度なぜた
いつもより少し遅いめの時刻にふとんに入った
いつものおそろいの枕
いつものように呼吸を合わせて眠りに入る
どちらかが夜に取り残されたりしないように
でも本当は ボクはもう そしてきっとあいも もうあんまり夜を恐いとは感じなくなっていた
さびしかったりは しなかったみたいだ・・・
苦しんだりは しなかったみたいだ・・・・・・
世界で一番大好きだよ
これ、ラストシーンの絵日記を見ると、アイはなぜ正座をしていたのか、なぜ箱をなでたのか、なぜ死を予感しながらまた明日ねと言ったのかが分かって、俺まで死にそうになりました。

ここまで読んで悲しみに暮れながら、あとはイクルの後日がちょこっと入って、苦しみの中で「アイ大好きだよ - 完 -」みたいな流れになるかと思いきや、この漫画は二人の最後の希望と、イクルの壮絶な死までをしっかりと描ききります。 イクルが暗闇の中で連呼する「どうか無事でありますように」という台詞を思い出すと今でも目に涙が・・・。

世界観の似ている『ヨコハマ買い出し紀行』が永遠の命をどう生きていくかを描いているのに対して、愛人は限りある命をどう生きるかを描いています。
このあたりの生への考え方を読み比べてみると面白いかもしれません。

たった5巻の中に愛とSFが詰まった名作だと思います。
この表紙だと家に置けないよ!という方は新装版もありますので、興味があったら読んでみてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私も社会の闇に呑まれてしまった。
終身雇用という暗闇に。

Re: タイトルなし

> 私も社会の闇に呑まれてしまった。
> 終身雇用という暗闇に。

闇があるから光があるとも言えます。
頑張りましょう。
プロフィール

DNeo

Author:DNeo
経営理念
1.お客様には最高の昇天を
2.お客様には最高の行動を
3.お客様には最高の笑顔を

ご来店、心よりお待ちしております
サミット川崎店並びにBENスタッフ一同

【所属団体】
日本川村学会
天地川村大明神信仰委員会
新興宗教組織「日本のみんな」教祖
横山精肉店スーパーバイザー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。