FC2ブログ

GB250 プラグ交換

GB250を買って早2年。
たまにしか乗らないうえに毎度毎度へたくそなかけ方をしていたせいか、エンジンがちょっとかぶり気味になってしまった。
この状態で冬を迎えてしまうと、何をどう頑張ってもかからなくなってしまいそうなのでプラグを交換することにした。

購入したプラグは「デンソー(DENSO) イリジウムパワー(IRIDIUMU POWER)スパークプラグ [IX24B] 067700-9390」というやつ。
よくわからんがイリジウムってやつはハイパワーでかかりがいいらしいのでこれにした。

以下、作業手順。

①タンクを外す

ほとんどのバイクはプラグ交換でタンクを外す必要は無いらしいのだけど、GBは手間がかかる。
でもそれがいい。傷つけないようにゆっくり外してあげましょう。
(タンクの外し方は「GB250 メンテ」を参照)

IMG_2320.jpg

②エアーでゴミを吹き飛ばす

これめっちゃ大事でした。
GB250のプラグ差し込み口は深~く窪んでいてめちゃくちゃゴミが溜まりやすい構造になっています。
実際、かなりのゴミが溜まっていました。
それをちゃんと吹き飛ばさないままプラグを取ってしまうと・・・ゴミたちがエンジン内部に一直線です(怖)

IMG_2325.jpg

③プラグカバーを外す

強めに引っ張れば取れます。

IMG_2321.jpg

④プラグを外す

プラグレンチ(差込み角 9.5 幅18mm)が必須です。写真はKTC B3L-18W。
普通のバイクは18mmとか使わないらしいんですが、GBは有無を言わさず使ってますね。さすが変態バイク。
あと②でも書いたようにプラグまでが深いので、長めのソケットレンチも必要です。
(でも長すぎると今度はフレームにぶつかってまわせません・・・5,6㎝くらいの長さがちょうどいいかな)

IMG_2322.jpg

この通り、外しにくいです。

IMG_2323.jpg

⑤新しいプラグをはめる

新旧比較してみました。
古いほうはもはやボッチみたいのがなくなってる?(そういうプラグなのかな)
とりあえずお取替えの時期であったことは間違いなさそうです。
IMG_2327.jpg

⑥プラグを締める

ありがちなのが斜めにしたまま締めてしまって欠けてお亡くなりになるパターンだそうです。
溝が深いのでまっすぐ入ってるかとか全くわからんけど、感覚でどうにかしました。

⑦プラグカバーをつける

差し込むだけ。

⑧エンジンをかける

うまく付けられていればかかるはず!
以上。

【結果】
30kmほど走ってみたが問題なし。走りのフィーリングは変わらなかったが、始動性はかなりよくなった。
以前よりもだいぶスムーズ。これで寒い冬がきても大丈夫そう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DNeo

Author:DNeo
経営理念
1.お客様には最高の昇天を
2.お客様には最高の行動を
3.お客様には最高の笑顔を

ご来店、心よりお待ちしております
サミット川崎店並びにBENスタッフ一同

【所属団体】
日本川村学会
天地川村大明神信仰委員会
新興宗教組織「日本のみんな」教祖
横山精肉店スーパーバイザー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR