FC2ブログ

ヨコハマ買出し紀行

大好きなBOOKOFFでたまたま出会って衝撃を受けた作品。

IMG_0321.jpg

こんなポップな絵柄をしてるのに、描いているのが滅び行く人類の日常っていう濃い~漫画です。
世界観は愛人(アイレン)に似てます。
(余談だけど、愛人はこの表紙で99%損してると思う笑)

設定がとても細かいんだけど、その説明が一切されていないところがミソ。
物語は終始、主人公(以下アルファさん)を中心とした日常描写をメインに進んでいきます。
ただ、その中の会話や描写のあちこちにヒントが散りばめられていて、
その何気ない会話から結構えげつない設定が見えてきたりして何ともいえない気分になるのです。

そして切ないのが、巻が進むにつれて段々とアルファさん以外の人たちから死の匂いが漂ってくる所です。
バイオロイドであるアルファさんは物凄く寿命が長いので、作中では親しい人達との別れを何度も経験することになります。
でも、直接死は描かれず、例えば、親しかったおじさんのガソリンスタンドに雑草が生い茂ってるとか、
恩人である先生の家が跡形もなく無くなっているとか、間接的な描写でそっと死が伝えられます。

そんな人々の減っていく世界でアルファさんは何を思うのか。
そしてなぜ世界は破滅に向かっているのか。

物語に起伏はなく、淡々と進んでいくのに、読み終える頃には胸が一杯になっています。
会話や描写から謎解きもできて、好きな人はたまらなく好きになること間違いないでしょう。

興味のある方は是非、一読してみて下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DNeo

Author:DNeo
経営理念
1.お客様には最高の昇天を
2.お客様には最高の行動を
3.お客様には最高の笑顔を

ご来店、心よりお待ちしております
サミット川崎店並びにBENスタッフ一同

【所属団体】
日本川村学会
天地川村大明神信仰委員会
新興宗教組織「日本のみんな」教祖
横山精肉店スーパーバイザー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR