ITブラック四天王

未だに就活してなくてそろそろヤバイと思っているそこの君。
焦ることはない!中小IT企業(とくに派遣)なら年中オールウェルカムだ。

それにブラックブラックと言われているけど、証券や飲食に比べたらまぁマシなレベルだし、現場によってはかなりホワイトなところがあるのも事実だ。
もちろんそこを目指して就活を頑張って欲しいのだが、逆にここには絶対に行ってはいけない!と噂されている会社が存在することもまた、胸に留めておいてほしい。

この記事ではIT業界でも折り紙つきのブラックと称されている企業やプロジェクトを紹介していく。

その1、ITブラック四天王
IT業界で働いている人なら誰でも知っているブラック四天王だ!

・富士ソフトABC
・トランスコスモス
・東京コンピュータサービス
・ソフトウエア興業(倒産)

ブラック四天王として古くから2chに君臨している4社。
2008年に四天王の一角「ソフ興」が遂に倒産。2chでは空いた枠にどの企業を入れるべきか連日議論が繰り広げられている。

その2、み○ほ銀行次期システム開発プロジェクト

2002年、2011年に大規模システム障害を起こしているあの青い銀行が絶賛遂行中である、総工数20万人月・ピーク時人員8000名・開発費4000億円の超巨大プロジェクトだ。
すでに1年以上スケジュールが遅れているなか、前月テスト工程の再延期が発表されるというとんでもないヤバさを醸し出している。
ネットでは「クフ王のピラミッド建設」「IT界のサクラダファミリア」などと揶揄され楽しまれているが、過去、ほんとに亡くなっている人がいるので笑えない。

こんな凄まじいプロジェクトだが、皮肉にもこの仕事がないご時世、下請け企業にとっては神のお恵みのごとき案件なのである。
つまりかなりの数の中小派遣企業がこの案件に携わっているはずなので、そこはよく調べないといけない。
それを怠って就職してしまい、初めて派遣された現場がピラミッド建設(しかも土方)でしたというのは悲惨過ぎるので注意してほしい。

その3、YRP
横須賀リサーチプリズン。通称「監獄」
詳しくはココ(http://ja.uncyclopedia.info/wiki/YRP)を見てほしい。

通信系や組込み系の開発で、もしかしたら派遣されるかもしれない。
これもよく調べたほうがよい。ガラケーの開発が終わりスマホに移行した今、ここに以前と同じような凄惨な現場が存在するのかはわからないが、ただ一つ言えること。それは・・・

かつて世界のトップを走っていた日本の携帯電話開発は、文字通り多くの開発者の血と汗と涙の上に成り立っていた。

ということである。
わたしたちはもっと早くにその意味を知るべきだったし、メーカーは日本国内に留まらず、世界に打って出るべきだった。

ここは横須賀。陸の孤島。
今では、NTTの研究所に足を踏み入れるものは、稀にしかいない。
耳を澄ますとき、どこからともなく一人の漢の、惜しく無残な運命を語る呟きが聞こえてくる。
ここで彼が戦線を離脱してからもう、14年の月日が流れた。
全てはデスマーチの闇に染まり、彼の心もまた色を取り戻すことはないのだ。

仕様書もなく、バグにさらされ、NTTの理不尽な要求に答えながら、彼は語る。
かつてYRPで繰り返された、開発の日々を。
(THE COCKPIT 鉄の竜騎兵より引用・改変)


【軍曹が】携帯電話開発の現状【語る】


以上、3つの心得を忘れず、就活に励んでほしい・・・。
健闘を・・・祈る。
スポンサーサイト

BF1 感想 その2

bf1_status.jpg

休日にがっつりやっているうちにランク69までいきました。
いや、マジ面白いっす。最初に糞ゲーとか言ってごめんなさい。

BF1、兵科のバランスいいよ~。
傑出して強い兵科がなくて、一長一短って感じで素晴らしい。
兵器も同じで正しい運用しないとすぐ死ぬ。特に飛行機はポンポン砲で瞬コロされるw

格上の相手にもちょっとした対応で何とかできるように設計されてる。
例えば飛行機は上手い相手にケツ取られると99%お釈迦になるけど、ちゃんとマップを見て、近づいてきたタイミングで後部座席に移ると高確率で追い払えるとか、力の差がありすぎても巨大兵器を上手く使えば簡単に拠点数をひっくり返せるとか、逆転するためのサポートがゲーム側で色々用意されてる。

されてるんだけど・・・!
結局は各々がアクションかけない限り何も変わらない。。。
スキルとかSPMを基にしてチーム分けされるわけだけど、ぶっちゃけチャンスで詰める詰めないにそんなの関係ないからなぁ。
いくべきところでいけないチームはどんなチャンスがあっても無理っす。レ○プゲーまっしぐら。
残念ながら今のBFはそういうゲームになることが多い。

とりあえず日本人はもう少しメリケンを見習ったほうがいい。
あやつらは基本的にフリーダムだけど、決めるときはきっちり決める。
巨大兵器が着たら最前線でガンガン撃ちまくるし、取れそうな拠点には我先にとダッシュする。

彼らには「俺がヒーローだッ」っていう気概を感じるんだよね。
方や日本人は「あ、なんか敵少ないんじゃね?行けるんじゃね?でも死ぬの嫌だし・・・誰かいけよ!」という体たらく・・・。

まさに腑抜け。日本男児たるもの、もっと勇猛果敢に挑んでほしい。
そもそも一死肉弾の覚悟を以って立派に散るのがBFでの生き様ってもの。俺の蘇生も捗るし。

「BFとは死ぬことと見つけたり。」

案外、死を選ぶ覚悟をもった人ほど長生きするもんですよ。
プロフィール

DNeo

Author:DNeo
経営理念
1.お客様には最高の昇天を
2.お客様には最高の行動を
3.お客様には最高の笑顔を

ご来店、心よりお待ちしております
サミット川崎店並びにBENスタッフ一同

【所属団体】
日本川村学会
天地川村大明神信仰委員会
新興宗教組織「日本のみんな」教祖
横山精肉店スーパーバイザー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR