懐かしのオイル臭

「久しぶりにリールのメンテでもするかぁ」
何の脈絡もなくそう思いつき、埃まみれのリールを引っ張り出してきた。

中学の頃釣りにハマり、高校2年まで続けたものの、FPSという人生をダメにする趣味に出会って以来、ご無沙汰になっていた釣り。
もとい6年間の放置プレイをくらっていたリールは、最早メンテ以前に動くのかと心配だったが、そこはさすがのMADE IN JAPAN。
多少シャリシャリするものの問題なく稼動してくれた。

埃にまみれたDAIWA・SHIMANOの文字にノスタルジックを感じる僕。
ハンドルを回しながら当時を懐かしんでいると、青イソメの腐った臭いも気にならなかった。

釣りはもちろん、魚を釣るためにやるのだが、道具のコレクションも楽しみの一つだと思う。
無論、僕もなけなしの小遣いをためて新しい竿やリールを買うのが何よりの楽しみだった。

高級機に憧れ、カタログを食い入るように見ていた日々が懐かしい。
結局、当時中学生だった僕には手が出せなかったのだが、今回改めてリールに触れてみると、それはそれで味わい深かった。
今日はそんな相棒たち(6年も放置してたけどね)を紹介しようと思う。

■ダイワ フリームスKIX2500
先代の無印フリームス2000が海中に没したため購入。
大幅に軽量化され、剛性・回転性能がUP。シマノの防錆ベアリング「AR-B」に対抗して「CRBB」を搭載。
何故かダイワは宣伝しなかったが、一応ウォッシャブル構造になっている。
洗った後はリール下部のネジを外して、そこからオイルを入れてあげればよい。
freamsKIX.jpg

■シマノ 03 アルテグラ2500 ツインハンドル
厨二病まっさかりだった僕は何を思ったのかツインハンドルのアルテグラを購入。
シングルハンドルより大分重くなるのだが「男は黙ってツインハンドル」と言い聞かせて使い続けていた。
もちろん、こいつでジャーキングやトゥイッチングしてると次の日筋肉痛になった。
まだまだ青かった当時を思い出す懐かしの一品。
また、業界初のウォッシャブル構造は革新的だった。だがクズな僕はそれすらも面倒くさかったという・・・。
ultegra2500DH.jpg

■シマノ アクシス・バージョン2
何を思ったのか「これからのシーバス釣りはベイトの時代だ」と思い込み購入。
当時唯一(たぶん)のソルトウォーター対応ベイトリール。
アクシスより性能が高かったがソルト非対応のスコーピオンXTと超絶悩んだ末こちらを購入。
基本性能は十分だがドラグが大雑把。まぁろくにメンテしない僕が悪いんですけどね。
バックラッシュ対応・キャスコン調整・サミングテクニックなど、ベイトリールの面白さを教えてくれた一品。
axisV2.jpg

■シマノ 06 アルテグラ1000
ロックフィッシュが流行った時期に自分も乗り遅れまいと購入。
プロックスのマイクロショットと合わせればリュックに入るほどコンパクトになった。
性能も03アルテグラより大幅に強化され、小物釣りでは最強のコストパフォーマンスだと思う。
夢はこいつを持ってバイクで釣り回ること。
ultegra1500.jpg

■シマノ 98 ツインパワー3000XT
何故か家にあったツインパワー。
しかも98年製で超美品w 星の数ほど売れたツインパワーといえど、ここまで傷が少ないものは珍しいと思う。
ハンドルを回すとかなりザラザラしていたので全分解して清掃。文字通り蘇った。
今後は大切に使っていきたい一品。
twinpower3000.jpg

■作業風景
img1.jpg

久しぶりにリールに触るとグッと釣りに行きたくなった。
実は先週、中免を取ったので、バイクを買い次第釣り回ろうと考えている。
大人になりだいぶゲスくなった自分を、釣りを通してリフレッシュできればいいなと思う。

みなさんも、昔ハマったものを振り返ってみてはいかがでしょうか。
意外と楽しいですよ。
スポンサーサイト

松屋ファンタジー

最近AVAが楽しい。超楽しい。
あまりに楽しすぎて以前では考えられなかった野良マッチにまで手を出している。
ストレスって怖いわ・・・こんな糞ゲーを楽しく感じてしまうなんてね!(楽しいがAVA自体を認める気は毛頭ない)

一方リアルはお察し。
6月までに資格を最低2つ取んなくちゃいけない。頑張って3つ。
もちろん評価の対象に入ってしまうのでスルーするわけにはいかない。
そのため毎日コツコツプログラムを書いている。

ただテキストにある問題をそのまま打ち込んでも何も面白くないので自分でゲームを作っている。
名付けて「松屋ファンタジー」
俺ほんと松屋好きだよな。なんだかんだ愛しているんだと思う。

アイテムと召喚獣の実装、何よりストーリーを何も作ってないが基本的な部分は動くようになった!
オブジェクト指向とか皆無で若干スパゲティ入ってる糞コードだけど、とりあえず動けば嬉しいもんだ。
以下にソースをあげてみる。


■GameMain
import java.util.*;
import java.util.Calendar;
import java.io.*;

class GameMain{ //ロード選択・ロード・セーブ・データ作成・基本動作

static void start(){

Prolog plog = new Prolog();
GameControl gcontrol = new GameControl();

plog.showLogo();

System.out.println("\n0:NewGame 1:LoadGame");
int scanNum = gcontrol.inputCheck();

if(scanNum != 0){

loadData();

}else{

plog.showProlog();

}

}

static void loadData(){

String currentDir = System.getProperty("user.dir");
String path = currentDir + "/savedata.txt";

try{

int num, exp, lv, hp, mp, gill, lc;
String playerName;

File file = new File(path);
FileReader filereader = new FileReader(file);
BufferedReader br = new BufferedReader(new FileReader(path));

while((num = filereader.read()) != -1){

System.out.print((char) num);

}

System.out.println();

playerName = br.readLine();
exp = Integer.parseInt(br.readLine());
lv = Integer.parseInt(br.readLine());
hp = Integer.parseInt(br.readLine());
mp = Integer.parseInt(br.readLine());
gill = Integer.parseInt(br.readLine());
lc = Integer.parseInt(br.readLine());

PlayerStatus pstatus = new PlayerStatus(playerName, exp, lv, hp, mp, gill, lc);

filereader.close();
br.close();

}catch(FileNotFoundException e){

System.out.println(path + "\nが存在しません。新しく作成します");
setAccount();

}catch(NumberFormatException e){

System.out.println("セーブデータが壊れています。新しく作成します。");
setAccount();

}catch(IOException e){

System.out.println("不明のエラーで処理できませんでした");
e.printStackTrace();
System.exit(-1);

}

System.out.println("ロードしました\n");

}

static void saveData(String playerName, int exp, int lv, int hp, int mp, int gill, int lc){

String currentDir = System.getProperty("user.dir");
String path = currentDir + "/savedata.txt";

Calendar cal = Calendar.getInstance();
String date = cal.get(Calendar.YEAR) + "年" + (cal.get(Calendar.MONTH)+1) + "月"
+ cal.get(Calendar.DATE) + "日";

try{

File file = new File(path);
FileWriter filewriter = new FileWriter(file);

filewriter.write(playerName);
filewriter.write("\r\n");
filewriter.write(Integer.toString(exp));
filewriter.write("\r\n");
filewriter.write(Integer.toString(lv));
filewriter.write("\r\n");
filewriter.write(Integer.toString(hp));
filewriter.write("\r\n");
filewriter.write(Integer.toString(mp));
filewriter.write("\r\n");
filewriter.write(Integer.toString(gill));
filewriter.write("\r\n");
filewriter.write(Integer.toString(lc));
filewriter.write("\r\n");
filewriter.write(date);
filewriter.write("\r\n");

filewriter.close();

}catch(Exception e){

System.out.println("正しくセーブできませんでした");

}

PlayerStatus pstatus = new PlayerStatus(playerName, exp, lv, hp, mp, gill, lc);
System.out.println("\nセーブしました\n");

}

static void setAccount(){

BufferedReader br = new BufferedReader(new InputStreamReader(System.in));
String playerName = null;
int lv = 1, exp = 0, hp = 100, mp = 50, gill = 500, lc = 0;

System.out.println("プレイヤー名を入力してください");

try{

playerName = br.readLine();

}catch(Exception e){

System.out.println("正しく入力してください");
setAccount();

}

saveData(playerName, exp, lv, hp, mp, gill, lc);

}

static void loopAtCommand(){

GameControl gcontrol = new GameControl();
PlayerStatus pstatus = new PlayerStatus();
int storyCount = 0;

while(true){

System.out.print(pstatus.name + "[HP]:" + pstatus.hp + " [MP]:" + pstatus.mp);
System.out.print(" [EXP]:" + pstatus.exp + " [LV]:" + pstatus.lv + " [GILL]:" + pstatus.gill);
System.out.println("\n1:冒険 2:アイテム 3:休養 4:セーブ 5:ロード 0:終了\n");
int scanNum = gcontrol.inputCheck();

if(scanNum == 0){

gcontrol.exit();

}else if(scanNum == 1){

gcontrol.adventure();

}else if(scanNum == 2){

gcontrol.item();

}else if(scanNum == 3){

gcontrol.rest();

}else if(scanNum == 4){

saveData(pstatus.name, pstatus.exp, pstatus.lv, pstatus.hp, pstatus.mp, pstatus.gill, pstatus.lc);

}else if(scanNum == 5){

loadData();

}

storyCount++;

}

}

public static void main(String args[]){

start();
loopAtCommand();

}

}

■モンスター生成
class CreateMonster{ //敵のデータ

void selectMonster(){

Monster[] monster = new Monster[4];

monster[0] = new Monster("ニートたいがぁー", 200, 5, 50, 100, 50);
monster[1] = new Monster("プージ秀雄", 150, 3, 20, 40, 20);
monster[2] = new Monster("ホストVanilla", 120, 3, 30, 50, 20);
monster[3] = new Monster("タカラトミーマユ", 300, 4, 40, 80, 30);

Random rand = new Random();
int rn = rand.nextInt(3);

monster[rn].call();
monster[rn].battle();

}

}

■冒険画面の繰り返し

import java.util.*;
import java.util.Calendar;
import java.io.*;

class GameControl{

static int hotelCount = 0; //2周で1回までしか泊まれないようにする adventure rest

void exit(){ //終了

System.out.println("ゲームを終了しますか? YES:1 No:0");

int scanNum = inputCheck();

if(scanNum != 1) System.out.println("キャンセルしました。");
else System.exit(1);

}

static int inputCheck(){ //入力チェック

Scanner scan = new Scanner(System.in);

System.out.print("番号:");

if(scan.hasNextInt()){

int scanNum = scan.nextInt();
return scanNum;

}else{

System.out.println("数字を入力してください");
return inputCheck();

}

}

boolean enoughMoney(int gill){ //金額チェック

PlayerStatus pstatus = new PlayerStatus();

if((pstatus.gill - gill) > 0){

return true;

}else{

System.out.println("お金が足りない!");
return false;

}

}

void adventure(){ //冒険

Random rand = new Random();
CreateMonster cmon = new CreateMonster();
PlayerStatus pstatus = new PlayerStatus();

int countToGoal = rand.nextInt(15)+1;

System.out.println("冒険開始!!\n");

for(int i=1; i<=countToGoal; i++){

int enemyAppoint = rand.nextInt(15)+1;

try{

Thread.sleep(1000);

if(i == enemyAppoint){

cmon.selectMonster();
System.out.println(i + "/" + countToGoal);

}else{

System.out.print("冒険を続けている...");
System.out.println(i + "/" + countToGoal);

}

}catch(InterruptedException e){

System.out.println("エラーが出たので冒険は中止だ!");
e.printStackTrace();

}

}

System.out.println("\n無事冒険を終えた!次の街に入った!");
pstatus.lc++;

if((pstatus.lc % 2) == 0) hotelCount = 0; //冒険を

}

void showMsg(int setTime, String msg) throws InterruptedException{

System.out.println();

for(int i=0; i
System.out.print(msg.charAt(i));
Thread.sleep(setTime);

}

}

void item(){

//GetItem getitem = new GetItem();

//getitem.selectItem();

}

void rest(){

Random rand = new Random();
int randNum = rand.nextInt(3) + 1;

if(hotelCount < 1){

switch(randNum){

case 1:
if(!(enoughMoney(10))) break;

System.out.println("激安店だ!10Gillで泊まることができるぞ!");
System.out.println("泊まりますか? YES:1 NO:0 ");
changeStatus(25, 25 , 10, 10, "\n宿泊した!・・・が、ハウスダストのせいでよく眠れなかった。\n");
hotelCount++;
break;

case 2:
if(!(enoughMoney(50))) break;

System.out.println("普通の宿だ!50Gillで泊まることができるぞ!");
System.out.println("泊まりますか? YES:1 NO:0 ");

changeStatus(50, 50, 25, 50, "\n宿泊した!ステータスが回復した!\n");
hotelCount++;
break;

case 3:
if(!(enoughMoney(300))) break;
System.out.println("高級店だった!300Gillで泊まることができるが・・・");
System.out.println("泊まりますか? YES:1 NO:0 ");

changeStatus(80, 70, 100, 300, "\n宿泊した!ステータスがかなり回復した!!\n");
hotelCount++;
break;

default:
System.out.println("宿がなかった・・・");
break;

}

}else{

System.out.println("\n宿は満室で泊まれない!\n");

}

}

void changeStatus(int hp, int mp, int gill, int price, String str){

PlayerStatus pstatus = new PlayerStatus();

int scanNum = inputCheck();

if(scanNum != 0){

System.out.println(str);
pstatus.hp += hp;
pstatus.mp += mp;
pstatus.gill -= price;

}

}

}

■魔法(という名の何か)

import java.util.ArrayList;

class Magic extends PlayerStatus{

ArrayList list;

void selectMagic(){

list = new ArrayList();

list.add("牛めし並"); //本来は0番目だが、魔法が0でキャンセルの都合上、1として扱う
list.add("牛めし大");
list.add("ネギ玉牛めし");
list.add("ビビン丼");
list.add("大森マグロ丼");
list.add("召喚獣:エリアマネージャ");
list.add("召喚獣:ゾーンマネージャ");
list.add("召喚獣:モンスタークレーマー");
list.add("召喚獣:酔っ払い");

int i = 1;

for(String str: list){

System.out.println(i + ":" + str);
i++;

}

}

void showNoMp(int num){

list = new ArrayList(list);

System.out.println("MPが足りない!!" + list.get(num) + "は使えない!!\n");

}

void showMagic(int num){

list = new ArrayList(list);

System.out.println("\n" + super.name + "は" + list.get(num) + "を唱えた!");

}

int magic(int num, int lv){

int rtnValue;

switch(num){

case 1: rtnValue = getMagic(num, lv, 2, 20, 6);
break;

case 2: rtnValue = getMagic(num, lv, 3, 25, 7);
break;

case 3: rtnValue = getMagic(num, lv, 4, 30, 8);
break;

case 4: rtnValue = getMagic(num, lv, 5, 35, 9);
break;

case 5: rtnValue = getMagic(num, lv, 6, 40, 10);
break;

default:
System.out.println("そんな魔法はない!");
rtnValue = 0;
break;

}

return rtnValue;

}

int getMagic(int num, int lv, int needLv, int mmp, int rtnValue){

if(lv > needLv){

if(super.mp - mmp >= 0){

showMagic(num-1);
super.mp -= mmp;

return rtnValue;

}else{

showNoMp(num-1);
return 0;

}

}else{

System.out.println("詠唱にはレベルが足りない!");
return 0;

}

}

}

■モンスターのステータス・バトル画面

import java.util.*;
import java.util.Calendar;
import java.io.*;

class Monster{ //敵データ・敵の呼び出し・戦闘・双方のダメージ計算・敵の攻撃

int hp, ap, mp, getExp, getGill;
String name;

Monster(String name, int hp, int ap, int mp, int getExp, int getGill){

this.name = name;
this.hp = hp;
this.ap = ap;
this.mp = mp;
this.getExp = getExp;
this.getGill = getGill;

}

Monster(){

this.name = name;
this.hp = hp;
this.ap = ap;
this.mp = mp;
this.getExp = getExp;
this.getGill = getGill;

}

void call(){

System.out.println("野生の" + name + "が飛び出してきた!");

}

void battle(){

Random rand = new Random();
PlayerStatus pstatus = new PlayerStatus();
GameControl gcontrol = new GameControl();
GameMain gamemain = new GameMain();
Magic magic = new Magic();

int scanNum;
int randNum;

while(true){

if(pstatus.hp <= 0){

try{

gcontrol.showMsg(500, "GAME OVER\n\n\n\n");
System.exit(1);

}catch(InterruptedException e){

e.printStackTrace();

}

}else{ //魔法に関する処理は全部ここまで戻ってきてやり直している

if(hp <= 0){ //そのため、ここで一度相手のダメージを判定

break;

}else{

System.out.print(pstatus.name + "[HP]:" + pstatus.hp + " [MP]:" + pstatus.mp);
System.out.print(" [EXP]:" + pstatus.exp + " [LV]:" + pstatus.lv + " [GILL]:" + pstatus.gill);
System.out.println("\n1:戦う 2:魔法 3:アイテム 4:逃げる\n");
scanNum = gcontrol.inputCheck();

if(scanNum == 1){

System.out.print("玉子を投げつけた!");
randNum = rand.nextInt(5);

if(hitPointLog(randNum, hp, pstatus.lv) != 0) break; // 0以外なら敵を倒したとする

else continue;

}else if(scanNum == 2){

while(true){

System.out.println("魔法を選択!どの魔法を唱えますか?");
magic.selectMagic();
System.out.println("0:キャンセル");
scanNum = gcontrol.inputCheck();

if(scanNum == 0){

System.out.println("キャンセルした!\n");
break;

}else if(pstatus.mp < 1){

System.out.println("MPが足りない!!この魔法は使えない!!\n");
break;

}else{

int damage = magic.magic(scanNum, pstatus.lv);

if(damage == 0) break; //レベル不足&定義してない数字の場合↓のbreakへ抜ける
else if(hitPointLog(damage, hp, pstatus.lv) != 0) break;

}

break; //キャンセル&レベル不足でここに来た後、戦闘コマンドまで抜ける

}

}else if(scanNum == 3){

System.out.println("アイテムった\n");
break;

}else if(scanNum == 4){

System.out.println("逃げた\n");
break;

}

}

}

}

}

int hitPointLog(int atkPoint, int tempHp, int pLv){

PlayerStatus pstatus = new PlayerStatus();

atkPoint *= 5;
hp -= atkPoint;

System.out.print(name + "に" + atkPoint + "のダメージ!");

if(hp <= 0){

System.out.println(name + "を倒した!");
System.out.println(getExp() + "の経験地を手に入れた!");
System.out.println(getGill + "のお金を手に入れた!");

pstatus.exp += getExp();
pstatus.gill += getGill;
pstatus.levelUpper(pstatus.exp, pstatus.lv);

return 1;

}else if(hp < (tempHp/2)){

System.out.println(name + "は疲れてきている!");

}else if(hp < (tempHp/3)){

System.out.println(name + "は瀕死だ!");

}else{

System.out.println(name + "は倒れない!");

}

return enemysAttack();

}

int enemysAttack(){

PlayerStatus pstatus = new PlayerStatus();
Random rand = new Random();
int enemysAtkPoint = rand.nextInt(ap) * 3;
pstatus.hp -= enemysAtkPoint;

System.out.print(name + "の攻撃!");
System.out.println(pstatus.name + "に" + enemysAtkPoint + "のダメージ!\n");

return 0;

}

int getExp(){

return getExp;

}

}

■プレイヤーのステータス

class PlayerStatus{ //主人公のデータ

static String name;
static int exp;
static int lv;
static int hp;
static int mp;
static int gill;
static int lc;

PlayerStatus(String name, int exp, int lv , int hp, int mp, int gill, int lc){

this.name = name;
this.exp = exp;
this.lv = lv;
this.hp = hp;
this.mp = mp;
this.gill = gill;
this.lc = lc;

}

PlayerStatus(){

this.name = name;
this.exp = exp;
this.lv = lv;
this.hp = hp;
this.mp = mp;
this.gill = gill;
this.lc = lc;

}

void levelUpper(int exp, int tempLv){

int[] expValue = new int[10];

expValue[0] = 150;
expValue[1] = 230;
expValue[2] = 350;
expValue[3] = 500;
expValue[4] = 700;
expValue[5] = 950;
expValue[6] = 1200;
expValue[7] = 1500;
expValue[8] = 1800;
expValue[9] = 2300;


if(expValue[tempLv] <= exp){

this.lv++;
System.out.println("レベル" + this.lv + "にアップした!!");

}else if(this.lv == 10){

System.out.println("レベルはカンストしている!!");

}else{

System.out.println("次のレベルまであと:" + (expValue[tempLv+1] - exp));

}

}

}

■最初に表示する画面

import java.util.*;
import java.util.Calendar;
import java.io.*;

class Prolog{ //NewGameのときの文章・タイトル

void showProlog(){

try{

GameMain gamemain = new GameMain();

String sentence[] = new String[4];
sentence[0] = "\n松屋に君臨するただ飯喰い、その名も魔王「木村」";
sentence[1] = "売上げの1%をまかないとして喰い尽くす彼を、多くの社員が恐れていた";
sentence[2] = "増える体重、減る売上げ、乱れる風紀、果たして松屋はどうなってしまうのか";
sentence[3] = "これは、某牛丼屋で起きた聖戦の記録である・・・";

for(int i=0; i<=3; i++){

for(int j=0; j
System.out.print(sentence[i].charAt(j));
Thread.sleep(250);

}

System.out.println("\n");
Thread.sleep(900);

}

gamemain.loadData();

}catch(InterruptedException e){

e.printStackTrace();

}

}

void showLogo(){

String logo = new String("### M a t s u y a F a n t a s y ###");

try{

Thread.sleep(1000);
System.out.println("#######################################");

for(int i=0; i
System.out.print(logo.charAt(i));
Thread.sleep(150);

}

Thread.sleep(1000);
System.out.println("\n#######################################");

}catch(InterruptedException e){

e.printStackTrace();

}

}

}

■アイテム画面(未実装&何をやりたいのかわからなくなって死亡)

import java.util.*;

class GetItem{

int num;
String iname;

Map itemMap;

void setItem(num, iname){

itemMap = new LinkedHashMap();

itemMap.put(num, iname);

}

void loadItem(){

int num, value;
String iname;

String currentDir = System.getProperty("user.dir");
String path = currentDir + "/itemlist.txt";

try{

File file = new File(path);
FileReader filereader = new FileReader(file);
BufferedReader br = new BufferedReader(new FileReader(path));

while((cNum = filereader.read()) != -1){

System.out.print((char) cNum);

}

System.out.println();

iname = br.readLine();
num = br.readLine();


飽き性の僕なのでいつまで続くかわからないけど、ここまで作ったので取りあえず完成はさせたいと思う。
アイテムに関しては条件が揃った時にインスタンス生成して、あとは全部コレクションにぶち込んでファイルに書き出しちゃえばいいやと考えている。
召喚獣についてはそれ用のクラス作って戦闘中に呼び出せるようにしたい。
がんばるぞー。

明日は電車が糞混んでませんように・・・。そして資格を無事取れますように・・・。
おやすみなさい。

よくわからん

新人研修の隣の席の子がBF4やってて意気投合した!

秀雄「僕は約900時間くらいやってますね^^」
相手「え!そんなにやってるんですか!?ちょっと教えてくださいよー。死にまくってて面白くないんですけど!」

秀雄「んー・・・まぁすぐ死んじゃう人はまずミニマップを意識することから始めたほうがいいかな。とにかく味方の近くで戦うことでリスクは断然低くできるし、単独行動せざるを得ないときは障害物にすぐ隠れられるルートを選ぶのが鉄則ね。銃は自分の好みでいいけど、カスタムはやっぱり安定重視にしたほうがキルは稼げるね。初心者は撃合いになると指切りするの忘れちゃうから、連射の低い銃で練習していくのも一つの手かもしれないね。兵器に関しては積極的に乗ったほうがいいけど、前に出るのを忘れないことと、基本的な操作は必ず演習場で練習してから乗るようにしてね。ぶっちゃけBFは上手い兵器乗りが数人いれば、あとは下手糞でもなんでもフラグ取るように心がけてれば勝てるからね。最初はキル取りたいだろうけど、とにかくフラグに絡めるように行動することで、戦場でやるべきこととか、場の流れが読めるようになるからね。それを無意識に感じ取れるようになれば自然とキルも追いついてくるよ。んでキルが取れるようになれば死ぬ回数も少なくなるって話かな。まぁ順々にやっていけば確実だと思うけどなー。みんなその状態にいくまでに飽きるか嫌になってやめちゃうんだよ。もったいないよなー。俺なんかイライラし過ぎて部屋の壁壊しちゃったこともあるんだよwまぁそのくらいストレスは溜まるもんだけど、調子いい時の気持ちよさは半端ないからさぁー。○○君も諦めずに頑張って!」

相手「お、おぉ・・・(こいつやべーなという目)」

bfrp1.png
bfrp2.png
bfrp3.png

嫌われちゃったかなぁ・・・orz

現在の状況


import maji.kuso.gomi;

class MyLife extends Hell{

public static void main(String args[]){

BlackCompany syachiku = new Syachiku();
Hideo hide = new Hideo();

int day = 0;
while ( day <= 14000 ){

try{

syachiku.eat();
syachiku.goBathRoom();
syachiku.readyForTommorowWork();
syachiku.sleep(5);
syachiku.wakeUp();
syachiku.goCompany();

int TodaysWork = syachiku.doWork();
hide.setSkill( 0.1 );

if ( isEnoughToQuality( TodaysWork ) == true && hide.getSkill() > syachiku.needToWork() ){

syachiku.goHome(20);

}else{

syachiku.zangyou();
hide.setMental(-100);
syachiku.goHome(22);

}

}catch(HideosLifeisZero turasugiwarota){

System.exit(-1);

}catch(HideosHeartBreak moudamepo){

throw new Jihyou( moudamepo.printStackTrace() );

}

day++;

}

}



現在のループカウンタ:14(日) 残り:13986(日)
現在のステータス:もうだめぽ。

- お わ り -

BEN復活

この度、長らく活動停止していたBENを復活させることになりました。
そのため、活動していくに際してのメンバーを募集致します。

【募集要項】
1.週7日 一日8時間以上INできる方
2.SD1.8 SPM平均660以上をキープできる方
3.重要拠点を把握し、フラッグバランスを考慮できる方
4.A-10アヴェンジャーの操縦を熟知している方
5.アンチエアを効率的に運用できる方
6.レンジファインダーを用いずに射程800mの狙撃を行える方
7.UCAVの使用に長けた方
8.スモークとIRFVを駆使したCQBに自信のある方
9.練馬の暴走族を話し一つで納得させられるコミュケーション能力をお持ちの方
10.3戦くらいするためだけに5時間待機できる方

以上の能力を完璧に有している自信のある方、是非BENに加入してください。
ご応募、お待ちしております。

かしこ^^

プロフィール

DNeo

Author:DNeo
経営理念
1.お客様には最高の昇天を
2.お客様には最高の行動を
3.お客様には最高の笑顔を

ご来店、心よりお待ちしております
サミット川崎店並びにBENスタッフ一同

【所属団体】
日本川村学会
天地川村大明神信仰委員会
新興宗教組織「日本のみんな」教祖
横山精肉店スーパーバイザー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR