「心理的ケメ化」

心理的ケメ化(シンリテキケメカ,Psychological Metamorphose for Keme)

蓄積されたケメモリー(ケメの記憶)によって発症する感染症である。
肉体的な負担は一切ないが、理性・精神が崩壊し人格が破壊される。
事故により脳を損傷した患者と症状がよく似ているが、この疾患は物理的な肉体損傷が一切無いのが特徴である。
(脳細胞とケメモリー型ウイルスとの関連性についてはこちらを参照)
感染症ゆえに1人が発症すると周囲の人間も発症リスクが高まる。
Case3から致死率が急激に上昇する非常に危険な感染症である。

厚生省に特定疾患として登録されている。
(精神的な疾患で登録されるのは非常に稀である)

DSM-IV-TR 1200.03
ICD 1112.43


・感染
Case 1 から Case 4までに段階付けされている。

Case 1 : 感染 無意識化でウイルスが増殖し始める。
Case 2 : 感染初期 感染者同士のコミュニケーションで悪化の可能性有。隔離治療が行われる。
Case 3 : 感染中期 理性的な思考が難しくなる。ワクチンの断続的な投与が必要になる。
Case 4 : 感染末期 ウイルスが飽和状態になり、理性を保てなくなる。回復は困難である。

Case 2までは個人レベルの治療で十分回復可能である。
Case 3からは抗ウイルス剤「Hi-DAR-i型ワクチン」の投与が必須になる。
Case 4からの回復例は未だ報告されていない。

ウイルスの増殖速度が非常に速い点に注意しつつ外部とのコミュニケーションをできる限り控え治療にあたること。


・臨床
心理的ケメ化についての知識を有する医師が非常に少ないのが現状である。
この病は1998年に発見されたものであり、歴史が浅い上に感染固体が非常に速い段階で死に至るため、断続的な研究がなされないのが原因である。
国内唯一の研究・治療機関として「静岡大学医学部付属病院メンタルケア研究センター」が研究を行っている。


・資料
「Case4感染者における精神状態を表す音声資料」 静岡大学医学部付属病院MCRC,2007
「The risk statistics of the "PMK" development in biology」 Univercity of Ben Medical Center,2005

・参考文献
「誘発性ケメリオンと心理的ケメ化の関係性」静岡大学医学部付属病院MCRC横山研究室,2002
「ポエニクスにおける世界疾患統計」正清敏明・著,1999
「心理的ケメ化対策マニュアル」厚生労働省,2004春発行・第二版
「特定疾患標本」厚生労働省,2001年春発行・初版
スポンサーサイト
プロフィール

DNeo

Author:DNeo
経営理念
1.お客様には最高の昇天を
2.お客様には最高の行動を
3.お客様には最高の笑顔を

ご来店、心よりお待ちしております
サミット川崎店並びにBENスタッフ一同

【所属団体】
日本川村学会
天地川村大明神信仰委員会
新興宗教組織「日本のみんな」教祖
横山精肉店スーパーバイザー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR