FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

win10の文字が汚い場合の対処法

これ試してみたらめちゃくちゃ変わったので遺しておく。

職場でwin10を使っていて、普段からなんかフォントが汚いなーと思ってたんだけど特に直そうと思ってなかった。
でも今日、上司に画面を見せて説明してたら「フォント汚すぎでしょw」と軽くディスられたので、やっぱり直すことにした。

ググってみると簡単に設定できて、なんで早く変えなかったんだろうと後悔するくらい綺麗になった。

やり方
①winキーを押して検索フォームに「Clear」と入力すると「ClearTypeテキストの調整」というのが出てくるのでそれをクリックする
②「ClearTypeを有効にする」にチェックを入れて、あとは次へで進んでいくだけ
cleartype.png

これだけで、上の画像のように糞みたいにギザギザしていたフォントが、Macのような意識高めフォントになった。

ただOS部分は綺麗になったものの、ブラウザ(Chrome)は汚いままだったので、もう一つ別の設定を追加した。

やり方
①Chromeのショートカットを右クリしてプロパティへ
②互換性タブにある「高いDPI~(画像参照)」にチェックを入れる
③Chrome再起動
以上でOK。
chrome.png

今更だがフォントが見やすいだけで目の疲労度が全然違う・・・。
win10はデフォルトだとこの設定は入っていないので、試していない方は是非やってみることをお勧めする。
下の画像のような優しい感じのフォントになります。
beautiful.png

PS:今更気付いたのだが、PCのステータスをパフォーマンスに全振りしていたのがいけなかった・・・。
長年ネトゲやってきた弊害だな。
スポンサーサイト

HHKB Pro

IMG_2346.jpg

遂に・・・遂にHHKBを買ってしまった。
ITエンジニアの憧れ。最高峰。

やはり違う。別次元だこれは。
シュコシュコして気持ちがいいし、キーピッチがジャストミートすぎる。

ボードもしっとりとしていて手首によく馴染む。

まさにエルゴノミクスデザイン!!!!
人馬一体!!!!

本当に手を動かしたくない人、HHKBのロゴを見てニヤニヤしたい人は英語配列を。
訓練せずに感動を味わいたい人は日本語配列を買えば間違いない。
ちなみに、俺が買ったのは日本語配列。

IMG_2362_2017-11-29_214844124.jpg

この高級感。そして機能美。
一生物のキーボードとして間違いなくお勧めです。

P.S:Realforce君を見捨てたわけじゃありません。実は現場で使っているのは彼の方です。
HHKBはなんというか、家宝です・・・(信者になってまいました

東プレ NG0100 REALFORCE91U

IMG_2344_2017-11-08_213037991.jpg

職場のノートPCのキーボードがいかんせん使い難かったので、東プレの「NG0100 REALFORCE91U」を買ってしまった。
本当は大奮発してHHKB Proでもいいなぁと思っていたのだが、俺はまだ3年目の若輩者。
神聖なるHHKBを持つには早過ぎると判断して、東プレにしておいた。

昨夜自宅に届いたので早速職場で使ってみたのだが、これはヤバイ。
コードを打つのがこんなに楽しくなるキーボードは生まれて初めてだよ。

Majestouchみたいなガチガチなキータッチじゃないものの、しっかりとした打ち心地。
そして控えめながら芯の通ったタイプ音。
さらに巷に蔓延っているありきたりなデザインとは一線を画すシックなデザイン。

持っているだけで、「やべ!なんかおれできるプログラマ!?」みたいな気持ちにさせてくれる名機だ。

俺はこの新しい相棒とともに、仕様書も設計書もない暗黒プロジェクトを駆け抜けていくぞ。

P.S: 説明書に面白いことが書いてあったので紹介します。

『本製品は生命維持のための医療機器用、航空宇宙用、原子力制御用などの極めて高い信頼性が要求される機器への搭載を目的としていません』

こう書いてるってことは、航空宇宙用とか原子力制御用のキーボードがあるってことなんだよね。
どんな打ち心地がすんだろう。めっちゃ使ってみたいなーw

総当り攻撃されていた件

先日発表されたWPA2の脆弱性など、セキュリティの話題がHOTな今日この頃、ついに我が家のサーバにも魔の手が迫ってきていた。

それは一昨日の出来事。
特にすることもなかったのだが、webminにアクセスしたのでauth.logを見てみると...

なんだこりゃ....

access.png

ログがこんな感じになっていた。

そう、これはまごうことなき不正アクセス。
巷で話題のブルートフォースアタック(総当り攻撃)というやつだ。

まさか本当にこういうのがあるとはなぁ~とめっちゃビビリながらアクセス元IPを検索してみたら、
中国 4 アメリカ 1 ルーマニア 1
という結果で、どれもBOTだということがわかった。

「BOTに総当り攻撃されるのなんてどっかの大企業か国ぐらいでしょ^^」
なーんてたかをくくっていたらえらい目にあった・・・。
今時WANからパスワード認証でアクセスできる個人サーバなんて珍しいからか、探索にひっかかってしまったのかもしれない。

でも、幸いなことに一昨日SSH接続したときのLast Loginは自分のIPアドレスになっていたので、突破はされていなかった模様。
これでLast Loginが別のIPからだったらHDD燃やすしかなかった・・・。本当によかった。

というわけで、大急ぎで対策したのでその方法を残しておく。
(OSはUbuntu Server14.04LTS)

【sshでの不正アクセス対策】

①そもそも外部からssh接続できるようにしない

自分はこの根本的な解決方法をとった。今まで用もないのに外から接続して遊んでいたが、怖いのでもうしない。

[方法1]
ポートマッピングの設定を消す。
ルータの設定でSSHに使用する22番をWANからアクセスできるようにしていたが、これをできないようにした。

[方法2]
下記ファイルに設定を追加する。
『/etc/hosts.allow』
sshd : 192.168.0.

『/etc/hosts.deny』
sshd : all

ルータで外からアクセスできないようにしたので大丈夫なんだろうけど、念のためにOSレベルでも設定しておいた。
上記の意味は「基本的に全IPからアクセスできない(deny)にするけどプライベートIPからは特別に認める(allow)よ」という感じ。

[方法3]
22への接続は上記2つの設定でできなくなったものの、他のポートへアクセスされると嫌なので今回不正アクセスされたIPをルータのパケットフィルタリング機能で弾くことにした。

こんな感じでサブネットまで指定してしまえばそのIPレンジからはアクセスできないはず。

packetfiltersettings.png

[方法4]
ufw(ubuntu fire wall)へのルール追加。
念には念を入れて、ufwにもルールを追加した。

sudo ufw deny from 103.207.39.0/24 to any

というコマンドで「103.207.39.0/24からやってきた野郎は絶対通さねぇ!」というルールが追加できる。

ufw.png

以上、4つの方法をすべて設定した後、再度ログを確認してみるとunknownからのアクセスは記録されていなかったのでとりあえずOK。

ちなみに、今回のアクセス件数をログから抽出してみたところ、なんと137999件もあった。

不正アクセスが始まったのが15日の朝6時頃で、気付いたのが18日の夜の10時頃だったので、87時間以上アクセスされ続けていたことになる。
IPAが発表している総当り攻撃の解読時間によると、「英字(大文字、小文字区別有)+数字+記号」の組み合わせでも4桁であればなんと9分!6桁でも約54日で解読されてしまうらしい。
またこれは2008年に行われた調査で、調査には「Intel Core 2 Duo T7200 2.00GHz、メモリ:3GB」という今では化石のようなPCが使われている。
それでもこれだけの速さで解読されてしまうので、現在の超ハイスペックPCでやられたら一たまりもないことは想像に難くない。

国や企業が必死になってセキュリティー対策に注力する昨今、個人でもちゃんと対策しなきゃいけないな~と痛感させられる出来事でした。

OCエラーでPCが起動しなくなった場合の対処法

IMG_2047_2017-08-11_142931728.jpg

一昨日から家族共用のPCにこんなメッセージが表示され、何度も再起動を繰り替えすようになってしまった。

Warning!!!The previous overclocking had failed.
and system will restore its default setting.
Press any key to continue.


ぐぐってみたら「CMOSクリアすれば直るよ」とのことで、試してみると確かに直った。
幸い今回のマザボにはCMOSクリアボタンが付いていたので、それをポチるだけでOKだった。
(※クリアする際はボタン電池を外したほうがいいらしい。俺は忘れてたけどw)

でも、クリア後にパネルのスイッチから電源を入れると、一瞬起動してすぐ落ちるという現象が起きてしまいだいぶハマった・・・。
理由はわからないが、最終的にマザボについている電源ボタンから起動すると上手くいった。
その後はパネルのほうから起動しても問題無し。なんだったんだろう。

今回なぜこんなエラーが起きたのか謎だが、このPCもそろそろ10年経つからガタが出始めてもおかしくない。
とりあえず直ってよかった。
プロフィール

DNeo

Author:DNeo
経営理念
1.お客様には最高の昇天を
2.お客様には最高の行動を
3.お客様には最高の笑顔を

ご来店、心よりお待ちしております
サミット川崎店並びにBENスタッフ一同

【所属団体】
日本川村学会
天地川村大明神信仰委員会
新興宗教組織「日本のみんな」教祖
横山精肉店スーパーバイザー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。