難民は受け入れるべきじゃない そしてニュースはもっと負の側面を伝えるべき

トランプ大統領の難民受け入れ一時停止(今は取り消されたみたいだけど)がやたらニュースで批判的に報道されていたので、思わずブログに書きたくなってしまった。
開設して早5年、下ネタとFPSしかないこのブログで政治的な考えを語るとは思わなかったぜ・・・。

で、ニュースではこの問題を報道するとき「入国できない可哀相な難民」のことばかりを取り上げるんだけど、なぜか「入国を阻止できた危険な難民」については一切取り上げないので違和感を覚えるわけです。
真面目で誠実な難民がいるとすれば、その逆の輩がいるのも当然のことであって、むしろ難民受け入れに寛大だったドイツ・フランス・スウェーデンなどの大失敗を見ると、難民は多数の危険な輩で構成されているということがすぐに分かります。

『一滴のうんこ汁が入った水をあなたは飲めるのか?』

これは2chの書き込みですが、表現は悪いものの的を得ていると思います。
危険思想を持つ難民とそうでない難民の選別は難しい上に、受け入れることでどんなダメージを受けるのか予測できないということです。
別に受け入れ賛成派の人たちだけがこの水を飲んでくれるのなら構いませんが、そういうわけにはいきません。
ダメージを受けるとすればそれは全国民です。そして、もし自分がこの水を飲まされなければならないとしたら、絶対に嫌です。

つまり、自分が持ってる難民のイメージはそれ程悪いわけです。
マナーを守らず、暴力的で、権利ばかり主張し、感謝なんて気持ちを全く持ち合わせていない。
そういう人たちだと思っているわけです。でも、それもまた事実で、YouTubeで難民関連の動画を見るとその酷さに絶句します。

もしそんな人たちを日本が受け入れてしまえば、間違いなく日本は終わります。
特に日本は、外国人に対して厳しい対応を取れない国なので簡単に乗っ取られてしまうでしょう。

そうならないためにも、難民対策をさらに厳しくすべきだと思うのですが・・・
なんと、日本政府は今年から5年間でシリア難民を300人ほど受け入れると表明しています。
シリア難民については2011年以降、63人の申請者のなかで認められたのは3人だけなのに、いきなり激増です。
もちろん、上記に当てはまりそうな危険人物はきっと拒否されると思いますが、個人的にはやはり増やす努力はしないべきだと思うのです。

なぜなら、人道的支援という善意で難民を受け入れたばかりに、最悪の状況に至っている国が存在するからです。
善意が国を滅ぼすきっかけになってしまうのであれば、その善意は使わないべきです。
一度間違えてしまうともう元に戻せません。

メディアはそういう負の現実もしっかり報道すべきだと思います。
例えばこの動画。こんな酷い映像がニュースで流れたことがありますか?
ニュース(テレビ)でこの事実を伝えてくれないと、難民について興味のない人は絶対に危機感を持ってくれないと思います。
賛成にしろ反対にしろ、受け入れた国が今どんな状況に陥ってしまっているのかは知っておくべきです。


スポンサーサイト
プロフィール

DNeo

Author:DNeo
経営理念
1.お客様には最高の昇天を
2.お客様には最高の行動を
3.お客様には最高の笑顔を

ご来店、心よりお待ちしております
サミット川崎店並びにBENスタッフ一同

【所属団体】
日本川村学会
天地川村大明神信仰委員会
新興宗教組織「日本のみんな」教祖
横山精肉店スーパーバイザー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR