西伊豆

西伊豆のとある海岸に親父と遊びに行ってきた。

昼の3時頃に出発して、3時間半でまず温泉に到着。
ここで一風呂浴びて、あとは海岸で野宿という計画だ。

入ったのはこんな感じの町が経営する温泉。
3人くらいしか入れない極小温泉で600円。高い・・・。
RIMG0016.jpg

が、景色は素晴らしい。温泉からこの景色を一望できる。
残念ながら雲がかかっていて夕日は拝めなかったが、それでも十分綺麗だった。
RIMG0017.jpg

これがお風呂。僕のサービスショットはないですよ(^^
RIMG0020.jpg

海岸に到着後は、駐車場がガラガラだったのでそこにテントを建てた。
写真でもわかるとおり、かなり暗い。奥にあるホテルが消灯してしまうと完全な闇の世界になる。
IMG_0393.jpg

やはりこれがないとね。
運転で疲れていたせいか1本でかなり酔っ払った。
なぜテントの中で飲む酒はうまいのか。。。
IMG_0385.jpg

夜中は風がかなり強く、時折小雨も降り出す始末。
かなり酔っ払った割には、なかなか眠れなかった。
明日の天気も心配・・・。

早朝。
天気予報は曇りのち雨だったのだが、空は群青に染まっていた。
ちなみに、写っているのは太陽ではなく月。朝の5時半に月がこんな風に見えるなんて・・・ふつくしい。
IMG_0377.jpg

朝飯は定番の「どんべぇ」
ほんとにね、家で食うのとなんでこんなに違うんだろうってくらい美味い。
朝早くにカップラーメン食いにいくだけのツーリング、その名も「ラーツー」がバイク乗りたちの間で流行るのも頷ける。

朝飯が済んだ後は釣り。
今回は小物なら何かしら釣れるだろうと企んで、ルアーじゃなくて餌を持ってきた。

ルアーで何も掛からない親父を横目に、ぽつりぽつりと小物を釣る。

ご覧のとおり、本当に小物である(笑)
IMG_0398.jpg

真っ青な模様の珍しい?ベラも釣れた。
ちなみに、体重100kg越えの僕。腹がww
IMG_040422.jpg

釣りした場所はこんなところ。雰囲気はかなり良さげでしょう。
あと途中、モリを持った人が海の中へ入っていった。
「あの人どこまで行くんだろうなぁ・・・」と心配になるくらい沖に出て行き、いつの間にか見えなくなった。
たぶん、沖まで伸びている島をぐるっと回って帰ってくるのかもしれない。
IMG_0399.jpg

釣りが終わった後は海水浴。
ここは本当に水が綺麗でガチのシュノーケリングの人もたくさん来るらしい。

景色も素晴らしい。
夏影聞きながら一日中ボーッとしていたいロケーション。
IMG_0405.jpg

あと、天然ものなのかはわからないが、驚くことに洞窟がある。
水深がけっこうあり、暗い水中に入っていくときのワクワク感がたまらない。
これが入り口。
RIMG0032.jpg

そして出口。
短いながらもかなり冒険気分を味わえる。
RIMG0046.jpg

反対側には険しい崖と大海原が広がる。
沖まで行ってみたかったが結構怖かったのでやめておいた(笑)
RIMG0041.jpg

それにしても、ここは魚種が豊富で色々な魚を見ることができる。
中にはかなりでかい魚やイカがいてビックリすることも。
今回見た中で一番大きかったのは、50cmくらいの鯛の仲間?っぽい魚だった。
あれが釣れていたらと思うと・・・。あんま美味しそうじゃなかったけどw

泳ぎ疲れた後はひたすら釣りをした。しかも泳ぎながらの釣り。
ルアー竿を片手に水中に見える魚をしこたま釣っていった。
RIMG0053.jpg

太陽も昇りきった正午。
昼飯にラーメンを食べてそのまま帰路についた。
帰りも温泉によったのだが、まだ正午だったためか一番乗りで貸切だった。
やはり撤収は早いに限る・・・。東名は事故で渋滞してたが(笑)

天気にも恵まれ、よい夏休みを過ごす事ができた。
ちょっと遠いが、ここはかなり気に入ったのでまた機会があれば行きたいと思う。
今度はクラブマンに乗って・・・。

スポンサーサイト
プロフィール

DNeo

Author:DNeo
経営理念
1.お客様には最高の昇天を
2.お客様には最高の行動を
3.お客様には最高の笑顔を

ご来店、心よりお待ちしております
サミット川崎店並びにBENスタッフ一同

【所属団体】
日本川村学会
天地川村大明神信仰委員会
新興宗教組織「日本のみんな」教祖
横山精肉店スーパーバイザー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR