FC2ブログ

サイト概要

この記事は常に最初に表示されます。

このブログは、AVAで活動中のクラン「BEN」のGhost_DNeoのブログです。
記事内容は主にネタとBF4です。たまにAVAのことを書きます。

id21.jpg【AVA暦】4年
【好きな武器】M4.MK3 PARA MG ねおすてっど
【嫌いな武器】ブルスカ
【好きなステ】DSとFOX以外
【所属クラン】サミット川崎店→BEN→PuffinSys→BEN→桜花・・・なんだっけ
【所属団体】日本川村学会・天地川村大明神信仰委員会・新興宗教組織「日本のみんな」教祖・横山精肉店スーパーバイザー
【FPS暦】SpecialForceを5年程。どう考えても僕のミスです。
【PCスペック】旧世代ハイエンド シェーダ3.0
【デバイス】IE3.0 G35ヘッドセットケメ XL2420T QcK mini
bfid79.png
BF4
【ランク】140
【得意兵器】マメヘリ・戦闘艇
【得意兵科】衛生兵でひたすら回復
【好きなステ】SilkRoad以外
【好きな武器】FAMAS SR-2
【得意プレイ】味方が瀕死にした兵器をUCAVでハイエナ
【好きな輩】とにかく動く人
【嫌いな輩】ひたすら拠点に留まる人・下手糞自走対空砲・廃人戦闘機乗り
【環境】グラフィック最低 キーコンフィグをAVA仕様に
【奇跡のプレイ】テキトーに1発撃った弾が250m先の敵にHS

【BEN用語解説】【BEN名言禄】【サミット川崎名言禄】【メンバー紹介】
スポンサーサイト

ダーリンインザフランキス

『ダーリンインザフランキス』の感想。
ネタバレあり

ネトフリでこの女の子に一目惚れして一気見。
darifla.jpg
感想はというと、なんというか最後がめっちゃ惜しい アニメだった。

設定も作画もキャラもいいし、話も全体的にダークで好みだった。
特に4話までのくだりは完璧で、「うわ!これ滅多にない神アニメだ!」と興奮してしまったほど。
なのに最後らへんで失速・・・。最終話に至ってはめちゃくちゃ駆け足になってあんまり盛り上がらずに終わってしまった。
(ノスタルジー全開のエピローグは素晴らしかったけど。)

中盤まではすごかった。ラストは色々と詰め込み過ぎて自爆してしまったけどトータルだと良作だと思う。

以下、良い意味悪い意味で記憶に残った点を列挙。

①ゼロツーが可愛い。特に軍服姿がエリートっぽくて好き。
②コックピットが酷い(笑)お茶の間が凍るデザインしてやがる。
③フランクスのデザインが可愛い!文字通りのロボット萌え。特にジェニスタの可愛さは異常。
④フランクスのネーミングが好き。ストレリチア・デルフィニウム・ジェニスタとかセンスいい。
⑤7話、流星モラトリアムの廃墟シーンがニーアオートマタっぽい雰囲気で最高。
⑥OPが独特で魅入る。
⑦ゼロツーが飴に感動する描写にグッときた。さらにそれが忘れられずハチミツ?をヒロに進めるシーンも。
⑧エピローグがノスタルジー全開。戦いを誰も知らなくなるくらい時間が経った後にヤドリギの下で、しかもゼロツーが飴持って再開とか憎い演出だった。
⑨パラサイトの子供たちが特攻兵器として育てられてるのがいい。こういう欝展開好き。
⑩何でもかんでも愛の力で解決しすぎぃ!そういうのって1回目がまぐれで、そのあとすったもんだあって、最後の最後に本当の愛の力が~!っていうのが王道じゃん。それがこのアニメ4回くらいあるピンチを全部愛の力で解決しちゃう。さすがに「おお・・・」ってなった。
⑪叫竜のデザインがかっこ悪い。なんか正方形だったり平べったかったり全体的に玩具っぽくて好きじゃない。
⑫ライバルのやつらが完全に噛ませになっていた(笑)とくにリーダーの金髪の子はもうちょっと見せ場つくって死なせてやれよ!とむしろ可哀相だった。
⑬イチゴかわゆす。
⑭異常な絵の綺麗さと作画のよさ。そしてめっちゃ動く。

その他

ビッチゴ現象のなぞ
傍若無人なゼロツーからヒロを引き離すように仕向けるイチゴ。
こう書くと嫌な感じがするが、チームリーダーとしては真っ当なことをしてるはずなのに、なぜかアメリカ(4chan)ではビッチゴと呼ばれてしまっている。
国民性の違いなのかなんなのか、よくわからない現象。
ココロなんて速攻でフトシ切ってイケメンに乗り換えてるのに!(笑)

ヒロはフランク博士の息子説
かつて恋心を抱いていた叫竜の姫の遺伝子でゼロツーを作り出すことに成功したフランク博士は隠し子であるヒロとゼロツーの恋を成就させることで、間接的に自分の願いを達成させたのだ!

的なことを2chに書いてる人がいて、なるほどなぁー!と思った。
確かにヒロには博士とミルザの面影があるし、幼少時代からパラサイトの能力を失っていたヒロを助けてきたことに説明がつく。 いやーこれそうだとしたらめっちゃ面白いし、なんか怖いw

総評:中盤までは神アニメ!
アマプラ&ネトフリで配信中。

沙耶の唄 感想

sayanouta.jpg
(※超ネタバレあり)

沙耶の唄。15年前のゲームなんだけど、「世界を侵す恋」という厨二全快のテーマが面白そうだったから買ってみた。
一通り終わったので感想を書いてみる。

【あらすじ】
事故の後遺症で、身の回りの全てが腐った肉片に見えるようになってしまった主人公の郁紀(フミノリ)。
家族もあぼんし、臭いし、飯はまずいし、イケメン医大生にも関わらず早くもお先真っ暗。
そんな絶望的な状況のなか、謎のヒロイン「沙耶」と出会う。
目に映るもの全てが肉片に見えてしまう郁紀だったが、なんと沙耶だけは超絶美少女として認識してしまう。

出会って早々、沙耶の虜になってしまったロリコン郁紀は、何の罪もない人々ひいては人類に対していきなり宣戦布告する。

【ストーリー】
郁紀「臭いしキモいしやんなるでホンマ・・・」
沙耶「おいわれ!おとん探してるんや!ちょっと手伝えや!!」
郁紀「喜んでー!!!!」

腹が減ったので幼馴染を惨殺。
心配して見に来てくれたお隣さん一家を惨殺。
心配して見に来てくれた女友達をオナペットに改造。
ついでに親友を井戸に落とす。

郁紀&沙耶「来るとこまで来ちゃったし世界変えたろか!」

科学者「させるかバカタレ」

ラスト

めちゃくちゃざっくりまとめるとこんな感じ。
ものすごくディスっているように書いてるけど、空き家を訪ねるときとか、地下の実験室からの回想とか、ホラーシーンはちゃんと雰囲気あったし、話は普通に面白かった。

【絵】
下手じゃないけどすごく個性的で、人を選ぶと思う。
自分は2000年代前半って感じがして好き。

【ファッションセンス】
このゲームは井戸イベント以外、ギャグ要素が全くない真面目な話なのだが、不覚にも爆笑したのがコレ。

tsukuba.png

なんちゅうシャツ着てるんですか津久葉先輩w
着るものにかなり無頓着な俺でも、これはヤバイと思った。あと胸もそこまで露骨に出す必要あったんかとw

【ボリューム】
徹夜で終わったので短いと思う。
でもつまらない話を長々とやるよりは、こういう怒涛の展開でガンガン進んでいくほうがいい。

【声】
声優さん、みんな上手かった。違和感なし。

【総評】
今でこそちょっと物足りない感じもしますが、面白Flash一つでキャッキャウフフしてた時代にこういう作品を出したのはすげーし、そりゃ売れるわと思いました。 めっちゃ安く手に入るし、サクッとできるので興味ある方は是非。

愛人 [AI-REN]

※ネタバレあり

BOOKOFFで立ち読みしてたときにたまたま手にとって、なんかやばそうな表紙だなーと恐る恐る読み始めたら泣きそうになるくらい感動した漫画。

airen001.jpg

まずこの表紙に99%の人が嫌悪するだろうけど、ちょっとまってほしい。
20ページも読めばこの作品の持つもの悲しさというか「儚い終わり」みたいな予感がびんびんに伝わってきて、これは何かあるなと思わせられるはず。

ちなみに俺はこのシーンでやられた。

airen002.jpg

舞台はかなり未来の日本。
ある病の末期患者であるイクルと彼の精神的救済のために解凍されたバイオロイドのアイ。
二人は崩壊していく世界で残り少ない日々を共に過ごしていく。
この時点でセカイ系が好きな俺にはたまらない。

物語は基本的に、イクルとアイが恥ずかしいくらいにイチャイチャする話がメインだが、
所々でテロや紛争といった不穏な世界情勢の話が挟まってきて、なんというか全く落ち着けない。
それに3巻あたりから早くもアイの死を伺わせる描写が多くなってきて余計に気持ちが沈む。

AI-REN4_031.jpg

4巻ではバイオテロをきっかけに世界大戦が勃発。
人類が生き残りをかけて殺し合いをはじめるという異常事態に発展し、イクルが育ったナギ研究所にもその影が迫る。
とにかくトラブルに巻き込まれないでくれよという思いが切実になるが、最後は死んでしまうであろう二人になんともいえない儚さを感じた。
それにしてもこの絵、モチーフは原爆の影だろうか・・・。とても不気味。

そして、5巻。
ついにアイが死ぬ。

施設の子供たちと海に出かけて、みんなで写真を撮って、夕食を食べて、日記を書いて、おやすみのキスをして眠りにつく。
そんな一日が描かれて後、いつも通り夜が明けて、窓からさわやかな潮風とまばゆい光が差す朝、となりで眠るように死んでいるアイ。 その安らかな死の描写とイクルの台詞。
これが強烈で、胸にぽっかりと穴が空いてしまった。

以下、イクルの台詞の引用。
とても静かな夜だった
寝自宅を済ませて部屋に入ると あいがいつもの絵日記を描いていた
なぜか正座していた
なんとなく声をかけづらい感じで ボクはやり過ごしていた薬と点滴をはじめながら 見るともなしにみていた
部屋中に色鉛筆をはしらせる音だけがしてた・・・
この時のあいの姿が心に焼き付いている
あいの後姿は・・・ とても満ちたりていて 幸せそうだった
あいは最後に絵日記を箱に収めてふたをした・・・
そのふたを2、3度なぜた
いつもより少し遅いめの時刻にふとんに入った
いつものおそろいの枕
いつものように呼吸を合わせて眠りに入る
どちらかが夜に取り残されたりしないように
でも本当は ボクはもう そしてきっとあいも もうあんまり夜を恐いとは感じなくなっていた
さびしかったりは しなかったみたいだ・・・
苦しんだりは しなかったみたいだ・・・・・・
世界で一番大好きだよ
ラストシーンの絵日記を見ると、アイはなぜ正座をしていたのか、箱をなでたのか、死を予感しながらまた明日ねと言ったのかが分かり、胸が締め付けられた。

ここまで読んで、あとはイクルの後日がちょこっと入って、苦しみの中で終わるのかな思いきや、この漫画は二人の最後の希望と、イクルの壮絶な死までをしっかりと描ききる。 イクルが暗闇の中で連呼する「どうか無事でありますように」という台詞を思い出すと今でも目に涙が・・・。

たった5巻の中に愛とSFが詰まった名作だと思う。
この表紙だと家に置けない!という方は新装版もあるので、興味があったら読んでみて欲しい。

PIC18F14K50でLチカする



ずっと前からやってみたかったPICマイコンでLチカをやってみた。

【用意するもの】
マイコン
主人公。
今回は後述のPICkit3と相性のいい秋月の「PIC18F14K50使用USB対応超小型マイコンボード」を使った。
PICkit3
ヒロイン。
後述するX IDEと組み合わせるとマイコンにプログラムを書き込んでくれるという超優れもの。
俺みたいなニワカには必需品。
MPLAB X IDE
Microchip社が出してる統合開発環境。
「PICkit3でマイコン書き込む!」みたいな操作をワンクリックでやってくれる。神。
LED
秋月電子でまとめ買いした。なんでも大丈夫だと思う。
抵抗器
100Ωとか500Ωとか色々セットになっているやつが秋月に売っていたのでそれを購入。
ブレッドボード
なんでもいい。秋月(ry
12V ACアダプタ
Amazonで購入。
「【変換9種セット】ACアダプター 12V 1A プラスチック製 小型 (PSEマーク付) L型コネクタ」
電源モジュール
ブレッドボードに電源を供給するためのモジュール。
尼で「EasyWordMall 3.3V 5V MB102ブレッドボード用 電源モジュール パワーモジュール」を購入。
これおススメ。AC電源を3.3か5Vの安定化電源にしてくれる。3.3と5Vはジャンパで変更可能。
ジャンパワイヤー
秋月で購入。
長い線になってるタイプを買ってしまったのだが、コの字型になってる短いやつのほうが使いやすいと思う。
テスター
あれば色々と便利だと思う。今回は使わなかったけど。

【やり方】
1.とりあえずX IDEをインストール
2.プロジェクトを新規作成
New Project > Microchip Embeded, StandAloneProject > All Families, PIC18F14K50 > None > Pickit3の順
3.main.cファイルを作る
プロジェクトの中にあるSourceFileをファイルを右クリして New > main.cを選択
4.プログラムを書く
動画のように点灯させるソースコード。ほんとはループを使うべきなんだろうけど、C言語わからんのでゴリ押し。
ちなみに魔術連装のようなconfig設定については以下のサイトが非常に参考になった。
18F14K50覚書
#include <xc.h>
 
#pragma config FOSC = IRC    
#pragma config USBDIV = OFF, CPUDIV = NOCLKDIV
#pragma config IESO = OFF, FCMEN = OFF, PLLEN = OFF
#pragma config BORV = 30,  BOREN = OFF, PWRTEN = OFF
#pragma config WDTPS = 32768, WDTEN = OFF
#pragma config MCLRE = OFF, HFOFST = OFF, XINST = OFF
#pragma config BBSIZ = OFF, LVP = OFF, STVREN = ON
#pragma config CP1 = OFF, CP0 = OFF, CPD = OFF, CPB = OFF
#pragma config WRT1 = OFF, WRT0 = OFF, WRTB = OFF, WRTC = OFF
#pragma config EBTR1 = OFF, EBTR0 = OFF, EBTRB = OFF
 
#define _XTAL_FREQ 4000000

void main(void)
{
    OSCCON = 0b01010010; // 4MHz
    TRISC  = 0x00;
 
    while(1) {
        __delay_ms(250);
        RC1 = 1;
        __delay_ms(250);
        RC1 = 0;
        __delay_ms(250);
        RC2 = 1;
        __delay_ms(250);
        RC2 = 0;
        __delay_ms(250);
        RC3 = 1;
        __delay_ms(250);
        RC3 = 0;
        __delay_ms(250);
        RC4 = 1;
        __delay_ms(250);
        RC4 = 0;
        __delay_ms(250);
        RC5 = 1;
        __delay_ms(250);
        RC5 = 0;
        __delay_ms(250);
        RC6 = 1;
        __delay_ms(250);
        RC6 = 0;
        __delay_ms(250);
        RC7 = 1;
        __delay_ms(250);
        RC7 = 0;
    }
}
5.プログラムを書き込む
まずPickit3に書き込み用のソケットを取り付けて、一番左だけ使わないので外す(写真のように)
pickit3.jpg
あとはマイコンにこれをぶっさして、画像のボタンを押す。
write.png
ランプが点灯してるときは書き込んでるので動かさない。
コンソールに「Programming/Verify complete」というメッセージが出たら完了してるので外してOK。

6.回路を組む
とりあえずプログラム通りに回路を組む。図のような感じ。
kairo2.png
回路は全くわかんないんだけど、とりあえず「おまいら抵抗は絶対つけろよ!」ということらしい。
あとマイコンはかなりぎっちり固定しないとちゃんと動かないことがわかった。
ソケット?の上に乗っけただけだと動いたり動かなかったり・・・または動くけど消灯のときに消灯しきれていなかったりと、だいぶハマった。
半田付けしてしまうのが一番確実なんだろうけど、そんな技術ないのでびびってやめときました。
動画のようにマイコンにコードを直接ぶっさすようにすれば何とかなったし(笑)

7.スイッチを押す
今回購入した電源にはスイッチがついているのでそれをポチる。

うわああああ!光ったあああああ!
めでたしめでたしです。

やってみる前はPICとか回路とかわけわかんねーという気持ちしかなかったけど、ノリでなんとかなりました。
次は7セグメントLEDに挑戦してみようと思います。
ただね、こっちはちょっと調べたらダイナミック点灯とかトランジスタとかヤバそうな匂いがぷんぷんするのでノリでは無理かもしれません。
プロフィール

DNeo

Author:DNeo
経営理念
1.お客様には最高の昇天を
2.お客様には最高の行動を
3.お客様には最高の笑顔を

ご来店、心よりお待ちしております
サミット川崎店並びにBENスタッフ一同

【所属団体】
日本川村学会
天地川村大明神信仰委員会
新興宗教組織「日本のみんな」教祖
横山精肉店スーパーバイザー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR