サイト概要

この記事は常に最初に表示されます。

このブログは、AVAで活動中のクラン「BEN」のGhost_DNeoのブログです。
記事内容は主にネタとBF4です。たまにAVAのことを書きます。

id21.jpg【AVA暦】4年
【好きな武器】M4.MK3 PARA MG ねおすてっど
【嫌いな武器】ブルスカ
【好きなステ】DSとFOX以外
【所属クラン】サミット川崎店→BEN→PuffinSys→BEN→桜花・・・なんだっけ。
【所属団体】日本川村学会・天地川村大明神信仰委員会・新興宗教組織「日本のみんな」教祖・横山精肉店スーパーバイザー
【FPS暦】SpecialForceを5年程。どう考えても僕のミスです。
【PCスペック】旧世代ハイエンド シェーダ3.0
【デバイス】IE3.0 G35ヘッドセットケメ XL2420T QcK mini
bfid79.png
BF4
【ランク】140
【得意兵器】マメヘリ・戦闘艇
【得意兵科】衛生兵でひたすら回復
【好きなステ】SilkRoad以外。
【好きな武器】FAMAS SR-2
【得意プレイ】味方が瀕死にした兵器をUCAVでハイエナ。
【好きな輩】とにかく動く人
【嫌いな輩】ひたすら拠点に留まる人・下手糞自走対空砲・廃人戦闘機乗り
【環境】グラフィック最低 キーコンフィグをAVA仕様に
【奇跡のプレイ】テキトーに1発撃った弾が250m先の敵にHS

【BEN用語解説】【BEN名言禄】【サミット川崎名言禄】【メンバー紹介】
スポンサーサイト

多摩川釣行 その3 ルアー釣り

今日は有給を取ったのに雨。
それでも負けじと半ギレ状態で多摩川に。

河川敷は案の定、無人。
まぁ平日に雨だから、当たり前なのだが・・・。

ポイントに着くや否やライズの嵐。
小さなセイゴがイナッコを追っかけまわしている。
あんなに小さいのに「ボフッ」っといい捕食音を立てるから思わず目移りしてしまう。
ぶっちゃけセイゴでも釣れれば御の字なのだが、明らかにルアーで狙えるサイズを逸していたため何もできなかった。
こういうときのためにメバリング用のワームを買っておくべきなのか。。。

前回リップレスミノーの早巻きで釣れたので、今日もそれに倣って同じルアーを放ってみる。
しかし、台風明けの河川はゴミだらけで表層は釣りにならなかった。

すぐに諦めてバイブレーションを遠投して早巻き。
・・・数十投したけど音沙汰無し。

そんな甘くないよなぁ~と思いつつ、ミノーを岸際に通す。
灯台元暗し。驚くことに、数投目でヌ~とシーバスが追いかけてきた。
40cmくらいのチーバスだったけど、やっぱりここはどんなときでもいるなぁと感心。

俄然やる気になったが、次の一投でルアーが引っ掛かった。
ここの岸際にはどっかのバカが付けた手長エビ取り用?の仕掛けが点在していて、それに見事に絡まっていた。

さらに悔しいことに、引っ掛かっている場所が見えた。
1080円したB-太が極太ロープに蹂躙されている様がハッキリと見える。
俺の腕があと2メートル長ければ取れる位置なのだが、もちろん腕が伸びるわけもなく・・・

思いっきりラインを引っ張ったところでラインブレイク。
気付いたときには雄叫びを上げていた。

なんかもう悔しさで釣りどころではなくなり、チャリで家までぶっ飛ばして帰り、すかさずタモ網を持って、
今度は車でぶっ飛ばしてポイントまで戻った。
俺は何が何でもB-太を取り戻してやろうという執念に燃えていた。

ところが、ポイントに戻ると想定外の事態が・・・。
なんと潮が上がったせいで引っ掛けたロープが見えなくなっていたのだ。

さらに頭に血が上ってしまい、タモ網を思い切り伸ばして必死で水中をこねくり回した。
雨の中、合羽も着ずに怪しい男が一人、一心不乱にタモ網をぶん回す・・・。傍からみると完全に変質者である。
しかも、努力も空しくなかなかルアーは見つからない・・・。

10分ほど続けて、流石に通報されそうなので諦めようとしたとき、手に僅かな感触が・・・。
思い切りタモ網を持ち上げてみると、そこには黄色い疑似餌が絡まっていた。

B-太だった。
幾多の試練を乗り越え、緑色の水中から遂に彼が姿を見せた。

感動と焦りで何とも言えない気分になりつつ、さらに強くタモ網を持ち上げた。
ぶっちゃけタモ網も無理をすると折れるのだが、そこはダイワに想いを託した。

ブチッという音とともに、B-太がすっぽ抜け宙を舞った。
俺はそれを虫取り少年のようにタモ網ですくう・・・。お笑いである。

そして、無事チャッチ。
ああ・・・おかえりB-太。俺の1080円。
タモ網をぶん回しているときは服も髪もびちょびちょで、何をやっているんだろうと空しくなったけど、
こうして帰ってきてくれると本当に嬉しい。

IMG_0427.jpg

救出したB-太。
見事にフックが伸びている。
ダイワのタモは魚をすくうだけでなく、引っ掛けたルアーを回収できることを証明してくれた。

魚を釣るより引っ掛けたルアーを回収することに真剣になる釣り人。
そういう尊い存在が環境をより良くしていくんだよな(迫真)

なんだかよくわからないけど、これで熟睡できそうです・・・。
めでたしめでたし。

多摩川釣行 その2

この間釣れたのが相当嬉しかったのか、無性に釣りに行きたくなったので多摩川に出かけた。

まだ15時過ぎということもあって、河川敷は人だらけ。
案の定、いつものポイントはハゼ釣りの人たちで埋まっていたので、仕方なく別のポイントを探して彷徨うことに(笑)

10分ほどチャリを走らせると、ちょうど橋の下が開いていたのでそこで釣ることにした。
ホームレスのおっちゃん二人がガン見してくるが、そこはご愛嬌。

今日は重めのルアーをぶん投げようと思ってベイトタックルを持ってきた。
久しぶりに使うベイトリールにオドオドしながらキャスト。
軽いルアーなら間違いなくバックラッシュするような投げ方を、重さでカバーする。

着水後は、一旦底をとってから思いっきり巻く。

なんかYouTubeで見たけど、最近のデイゲームはとにかく早く巻くのがいいらしい。
「こんなんじゃ魚追いつけねーだろ」くらいの速さで巻いてリアクションバイトを狙うのが流行ってるらしいのだ。
今日はバリバリのデイゲームなので、例に倣ってグリグリ巻いてくる。
正直、短気な自分はスローリトリーブが大嫌いなので、このスタイルはとても気持ちがいい。

で、ジャークとかトゥイッチを入れながら、投げては巻き、投げては巻きを繰り返すこと30分。
いきなりきた。

「なんか引っかかった?」と思ったら元気よく走り出した。
久しぶりの手応えのある感触に、全身ホクホク。
と同時に心臓バクバク。

多摩川の昼シーバスなんて自分にとって一生に一度あるかないかぐらいレアなので、
ばれないようにめっちゃ注意しながらファイトした。

ただ、ばらさないことを意識し過ぎたせいか、ハンドライディングするときに手に針をぶっさしてしまった(笑)
皮下脂肪が厚いのでダメージは軽微だったけど、やっぱりペンチみたいの買ったほうがいいのかな。

IMG_0420_2.jpg

じゃーん。久しぶりのフッコ!
持ち上げたときの重さに感動してしまった。55くらいかな?痩せているけどよく引いた。

ヒットルアーはシマノの熱砂とかいうヒラメ用のルアー。
トゥイッチするとボラが反転したようにキラキラするので、それがよかったのかもしれない。
IMG_0423_2.jpg

なんかまた釣り熱が沸いてきたような気がする。
やる気になればなるほど釣れないもんだけど、今はキャストしてるだけでワクワクする。
今週を乗り切れば祝日祭りが待っているので、非常に楽しみだ。

多摩川釣行

夏休みに小物釣りをしたのが相当楽しかったせいか、無性に釣りに行きたくなり多摩川へ。

ポイントに着いたのは日没直前。
川面を見てみると、連日の雨のせいかかなり増水していて、色も緑のクリーム色。

目立つルアーじゃないと何も見えなさそうなので、丁度釣りに行く前に買った黄色のB-太を使ってみた。
岸沿いにキャストして早巻きしてみること2回。

なんと釣れた。
IMG_0409_2.jpg

40cmくらいのチーバスだが、今まで2投で釣れたことはなかったので非常に嬉しかった。

タックルベリーで買ったB-太様。
中古なのに1080円もしてめちゃくちゃ悩んだが買ってよかった。さすがima。
IMG_0410_2.jpg

これからもお願いしますよ~。

西伊豆

西伊豆のとある海岸に親父と遊びに行ってきた。

昼の3時頃に出発して、3時間半でまず温泉に到着。
ここで一風呂浴びて、あとは海岸で野宿という計画だ。

入ったのはこんな感じの町が経営する温泉。
3人くらいしか入れない極小温泉で600円。高い・・・。
RIMG0016.jpg

が、景色は素晴らしい。温泉からこの景色を一望できる。
残念ながら雲がかかっていて夕日は拝めなかったが、それでも十分綺麗だった。
RIMG0017.jpg

これがお風呂。僕のサービスショットはないですよ(^^
RIMG0020.jpg

海岸に到着後は、駐車場がガラガラだったのでそこにテントを建てた。
写真でもわかるとおり、かなり暗い。奥にあるホテルが消灯してしまうと完全な闇の世界になる。
IMG_0393.jpg

やはりこれがないとね。
運転で疲れていたせいか1本でかなり酔っ払った。
なぜテントの中で飲む酒はうまいのか。。。
IMG_0385.jpg

夜中は風がかなり強く、時折小雨も降り出す始末。
かなり酔っ払った割には、なかなか眠れなかった。
明日の天気も心配・・・。

早朝。
天気予報は曇りのち雨だったのだが、空は群青に染まっていた。
ちなみに、写っているのは太陽ではなく月。朝の5時半に月がこんな風に見えるなんて・・・ふつくしい。
IMG_0377.jpg

朝飯は定番の「どんべぇ」
ほんとにね、家で食うのとなんでこんなに違うんだろうってくらい美味い。
朝早くにカップラーメン食いにいくだけのツーリング、その名も「ラーツー」がバイク乗りたちの間で流行るのも頷ける。

朝飯が済んだ後は釣り。
今回は小物なら何かしら釣れるだろうと企んで、ルアーじゃなくて餌を持ってきた。

ルアーで何も掛からない親父を横目に、ぽつりぽつりと小物を釣る。

ご覧のとおり、本当に小物である(笑)
IMG_0398.jpg

真っ青な模様の珍しい?ベラも釣れた。
ちなみに、体重100kg越えの僕。腹がww
IMG_040422.jpg

釣りした場所はこんなところ。雰囲気はかなり良さげでしょう。
あと途中、モリを持った人が海の中へ入っていった。
「あの人どこまで行くんだろうなぁ・・・」と心配になるくらい沖に出て行き、いつの間にか見えなくなった。
たぶん、沖まで伸びている島をぐるっと回って帰ってくるのかもしれない。
IMG_0399.jpg

釣りが終わった後は海水浴。
ここは本当に水が綺麗でガチのシュノーケリングの人もたくさん来るらしい。

景色も素晴らしい。
夏影聞きながら一日中ボーッとしていたいロケーション。
IMG_0405.jpg

あと、天然ものなのかはわからないが、驚くことに洞窟がある。
水深がけっこうあり、暗い水中に入っていくときのワクワク感がたまらない。
これが入り口。
RIMG0032.jpg

そして出口。
短いながらもかなり冒険気分を味わえる。
RIMG0046.jpg

反対側には険しい崖と大海原が広がる。
沖まで行ってみたかったが結構怖かったのでやめておいた(笑)
RIMG0041.jpg

それにしても、ここは魚種が豊富で色々な魚を見ることができる。
中にはかなりでかい魚やイカがいてビックリすることも。
今回見た中で一番大きかったのは、50cmくらいの鯛の仲間?っぽい魚だった。
あれが釣れていたらと思うと・・・。あんま美味しそうじゃなかったけどw

泳ぎ疲れた後はひたすら釣りをした。しかも泳ぎながらの釣り。
ルアー竿を片手に水中に見える魚をしこたま釣っていった。
RIMG0053.jpg

太陽も昇りきった正午。
昼飯にラーメンを食べてそのまま帰路についた。
帰りも温泉によったのだが、まだ正午だったためか一番乗りで貸切だった。
やはり撤収は早いに限る・・・。東名は事故で渋滞してたが(笑)

天気にも恵まれ、よい夏休みを過ごす事ができた。
ちょっと遠いが、ここはかなり気に入ったのでまた機会があれば行きたいと思う。
今度はクラブマンに乗って・・・。

プロフィール

DNeo

Author:DNeo
経営理念
1.お客様には最高の昇天を
2.お客様には最高の行動を
3.お客様には最高の笑顔を

ご来店、心よりお待ちしております
サミット川崎店並びにBENスタッフ一同

【所属団体】
日本川村学会
天地川村大明神信仰委員会
新興宗教組織「日本のみんな」教祖
横山精肉店スーパーバイザー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR